売ってしまう事も土地活用方法の一つ~土地売却の注意点!

土地を所有しているけど、長年何もせずに固定資産税だけ払い続けている人も多くいるのではないでしょうか?ただ土地を所有しているだけなのに税金をとられるのは納得できない部分がありますが、しょうがないすよね。

本当は「いらないので、処分したい」という方も多いはずですが、自分の代で手放したりするのは先祖に申し訳ないと考える方もいるはずです。私が話しを聞いた方のホンネがこれでしたし・・・。

しかし、負の資産をずっと持ち続けるのは本当に意味がない事ですし、自分の為になりません。確かに受け継いだ土地なので、簡単には決められないですが、土地の活用方法は考えてみるべきですね。

売却してしまうのも土地活用の選択の一つ

仕事が都市に集中し、育った地域を離れている方も多いので、土地を所有していも活用できずに、そのまま固定資産税だけ支払い続けているケースは良くある話しです。

しかし、土地を所有しつづけても、永遠にマイナスですので、売却する事も土地活用方法の一つとはるはずです。

どうせ活用していない土地なら、売却して現金化した方が色んな手間もかからなくなりますし、かなりラクになるはずです。現在では様々な土地の利用方法があるので、土地を買いたいと考える方もいるでしょうし、昔に比べて、インターネットも使えるわけですので、探している方へ情報を届ける手段もあり、売りやすい環境は整っていると感じます。

土地を売却するなら、ます査定から

土地の売却は、まず査定を依頼するところから始まります。査定を依頼しないと、いくらで売れるかもわかりませんし、価格次第では売らないなど考える事ができません。また、田舎の土地では家族の絆というか関わりが強いため、相談した上で決めないと納得してもらえない場合も多々あるので、その点も踏まえ、査定依頼して価格を提示することで話しやすくもなるはずです。

査定する場合は最低でも3社以上に査定依頼するのが常識となっており、これは、1社の査定額だけを信じて売却するのは危険だという理由からです。

なぜ危険なのか?

査定価格は実際の取引事例から算出されますが、業者の経験なども加味された上で最終的な査定額となるので、業者によって査定額が異なるからです。X不動産の査定額が1500万円、Y不動産の査定額が1250万円、Z不動産の査定額が1600万円など、ありえる話しなんです。例えばはじめにY不動産に査定してもらい1250万円の査定額で、そのまま売却を依頼して1250万円で売れたとします。この時点でZ不動産の1600万円の査定を知らなければ、「売れて良かった」となりますが、あとて近所の土地がZ不動産で1600万円で売却できたと知ったら後悔するはずです。

このように査定は業者によって異なるので複数の会社に査定依頼をして比較する事が重要になってくるんです。もしZ不動産に依頼して売却していたら1600万円で売れていたと考えると、1600万円-1250万円=350万円ですので350万円も損してしまったことになります。複数の会社に依頼するのは面倒ですが、損せずに売却するなら必ず3社以上は査定依頼すべきです。

1件1件不動産屋を回って査定依頼するのは手間も時間もかかるので、大手不動産会社や地域不動産屋も含む、不動産一括査定サイトを利用してみてはいかがでしょうか?無料ですし、1分程度の土地の情報を入力するだけで最大6社など、複数の会社に査定依頼が可能ですので試してみて損はないと思います。→信頼できる不動産一括査定サイトをまとめました

立地によっては売れない可能性も

土地の購入者は、その土地に活用方法がある場合でしか購入はしませんよね?都心部の土地のように利便性のある立地であれば売る事ができるかもしれませんが、田舎や、駅から離れてりるなど、立地の面で劣る土地の場合は買い手がいない為、なかなか売れないのが現実です。

ただし、絶対に売れない訳ではなく、例えば田舎のように利便性が良いとは言えない地域であっても、田舎でのんびり暮らしたいと思う方もいますし、実際に田舎へ移住している方もします。

パソコン一つで仕事ができる方も増えていますので、以前に比べると、田舎への障壁は小さくなっていると思いますので諦める必要はなく、売れないとしても気長にターゲットに情報を届けていくことが大事になってきます。

様々な土地活用方法がある。売却に固執する必要はない!

上記で土地活用の方法として土地の売却について言いました。土地活用方法は様々で他にも駐車場にしたり、賃貸アパートやマンションにしたり、また最近では老人ホームやデイサービスなどの介護施設、コンテナボックスなど、様々な活用方法があります。

立地によっては売却しずらいのは確かにその通りなので、もしも売却が難しいと考えられる土地の場合は、土地をそのままにするという選択もありますが、活用して利益を生む方法もあります。

立地が悪く難しい場所ではアパート経営などは確かに難しいと言えるかもしれません。しかし、立地がそれ程影響しない、介護施設という方法もあります。介護施設は立地というよりは、環境が良い場所が好まれますよね。駅から遠いなどは関係なくなってきます。土地は売却するのも良いですが、その土地にあった活用方法もありますので、「売却」「その他の土地活用」を比較して需要がある方法で有効活用すると良いと思います。

参考サイト:家を売る 方法

参考サイト:http://www.sullivan150.org/